きくらげ

木耳

当サイトでは、美味しい料理を作るための味噌、醤油、塩、酢、砂糖、みりんなどの調味料の種類やレシピ、食材の選び方と安全性などについて掲載しています。皆様の料理レシピの一部に加えていただけると幸いです。
スポンサードリンク
野菜の種類と保存法 >> きくらげ(木耳)

きくらげ(木耳)

きくらげは、広葉樹の枯れ木などに自生しており、こりこりとしたクラゲの歯ごたえに似た食感からこのように呼ばれています。また、形が耳のように見えることから木耳と書かれます。
乾燥したものが流通しており、香りがほとんどなく味も淡白で、中国料理によく使われています。最近では、生のものも出回りはじめています。
【選び方】 生のものは、色が濃くて表面に光沢があり、大きくて肉厚のものが良品です。
乾燥品は、表面が黒くてよく乾燥したものを選びましょう。
【旬・流通】 乾燥品は一年中出回っていますが、天然の生のものは夏から秋にかけてが旬です。
【調理のヒント】 乾燥品は、水かぬるま湯でやわらかくなるまで戻し、石づきを取り除いて水洗いをしてから調理します。
【料理の用途】 炒め物、和え物、酢の物、サラダ、煮物、蒸し物、スープなどに。
【保存法】 生のものはラップなどに包んで密封し、冷蔵庫で保存し、できるだけ早めに使いきるようにしましょう。
乾燥品は、密閉容器にに入れて冷暗所で保存します。

スポンサードリンク

料理のまえのかくし味 TOP
〈 M e n u 〉
調味料の基本 さしすせそ
基本調味料 さ 砂糖
基本調味料 し 塩
基本調味料 す 酢
基本調味料 せ 醤油
基本調味料 そ 味噌
料理の名脇役 みりん
だしで決まる!料理の味
だしの素材 鰹節と昆布
だしのとり方
合わせ調味料
植物油とその他の食用油
スパイス・ハーブの種類
ソースの種類
ドレッシングの種類
下ごしらえも忘れずに
旬の料理 魚を選ぶ
旬の料理 野菜を選ぶ
野菜の種類と保存法
安全? 食品添加物
安全? 無農薬と有機栽培
安全? 輸入農産物
プロフィール
Copyright(c) miyus All rights reserved