たけのこ

当サイトでは、美味しい料理を作るための味噌、醤油、塩、酢、砂糖、みりんなどの調味料の種類やレシピ、食材の選び方と安全性などについて掲載しています。皆様の料理レシピの一部に加えていただけると幸いです。
スポンサードリンク
野菜の種類と保存法 >> たけのこ(筍・竹の子)

たけのこ(筍・竹の子)

たけのこで最も代表的なものは、孟宗竹(もうそうちく)です。肉厚でやわらかく、えぐみも少ないのが特徴で、煮物や吸い物など多くの料理に利用されています。
ほかに、赤紫で細長く、アクが少なくて味が淡白な淡竹(はちく)、アクが強めで苦みがありますが歯ごたえがあって味の良い真竹(まだけ)、長さが15cm前後で細長く、歯ごたえがあって山菜としての人気も高い根曲がり竹(ねまがりだけ)などがあります。
【選び方】 皮に光沢があり、ずんぐりと太めで短く、切り口がみずみずしいものを選びます。
穂先が黄色で開いていなものがよく、緑色のものや全体の形が偏平なものは避けましょう。
【旬・流通】 出回り時期は、孟宗竹(もうそうちく)が3〜5月頃、淡竹(はちく)は5〜6月頃、真竹(まだけ)は7月頃、根曲がり竹(ねまがりたけ)は4〜6月頃です。
【調理のヒント】 たけのこは、掘ってから時間がたつほどアクが強くなりますが、掘りたてのものはアクが少ないので生食ができます。
アクを抜くときは、大きな鍋にタケノコがかくれる程度の水を入れ、タケノコと米ぬかカップ1杯、赤唐辛子2〜3本を入れて茹でます。
新鮮なもので30分くらい、そうでないものは1時間くらいが目安です。茹でたら常温になるまでそのままにしておくのがポイントです。
先端を斜めに切り落とし、皮の部分に縦に包丁を入れておくと、後で皮がむきやすくなります。
【料理の用途】 煮物、和え物、焼き物、吸い物の実、揚げ物、炊き込みご飯などに。
【保存法】 生のものはそのままにしておくと、えぐみが増してかたくなりますので、入手したらなるべくその日のうちに下ゆでするようにしましょう。
下ゆでしたものは、水に浸して冷蔵庫に保存し、時々水を取り替えれば1週間程度持ちます。

スポンサードリンク

料理のまえのかくし味 TOP
〈 M e n u 〉
調味料の基本 さしすせそ
基本調味料 さ 砂糖
基本調味料 し 塩
基本調味料 す 酢
基本調味料 せ 醤油
基本調味料 そ 味噌
料理の名脇役 みりん
だしで決まる!料理の味
だしの素材 鰹節と昆布
だしのとり方
合わせ調味料
植物油とその他の食用油
スパイス・ハーブの種類
ソースの種類
ドレッシングの種類
下ごしらえも忘れずに
旬の料理 魚を選ぶ
旬の料理 野菜を選ぶ
野菜の種類と保存法
安全? 食品添加物
安全? 無農薬と有機栽培
安全? 輸入農産物
プロフィール
Copyright(c) miyus All rights reserved