下仁田ねぎ

下仁田ねぎの選び方

当サイトでは、美味しい料理を作るための味噌、醤油、塩、酢、砂糖、みりんなどの調味料の種類やレシピ、食材の選び方と安全性などについて掲載しています。皆様の料理レシピの一部に加えていただけると幸いです。
スポンサードリンク
野菜の種類と保存法 >> ねぎ(葱) >> 下仁田ねぎ

下仁田ねぎ

下仁田ネギは、ねぎが成長する長さに応じて土を盛り上げて軟白栽培し、白い部分を長くする根深ねぎの品種です。
種まきから収穫まで1年以上もかかり、軟白部が通常の根深ねぎよりも短く、直径が5〜6cmにもなる太いねぎです。
昔、江戸時代に幕府に献上したことから、殿様ねぎとも呼ばれます。
【選び方】 下仁田ねぎは、他の根深ねぎと違い、見かけだけで判断をしないようにしましょう。
このねぎは霜が降りると白根の部分の甘みが増します。青葉の部分が霜によって黄色く変色したり少し枯れているものが美味しさのバロメーターです。
【旬・流通】 年に一度の収穫で、出荷時期は10〜1月頃までです。
【調理のヒント】 辛味が強く薬味などの生食には向いていませんが、熱を通すと特有の甘味がでます。
【料理の用途】 鍋物、煮物、焼きねぎなどに。
【保存法】 泥つきのものは、新聞紙に包んで冷暗所で保存するか、白根の部分に土をかぶせておくと長持ちします。
洗ってあるものは一本ずつ分けて新聞紙などに包み、冷蔵庫で保存しましょう。

スポンサードリンク

料理のまえのかくし味 TOP
〈 M e n u 〉
調味料の基本 さしすせそ
基本調味料 さ 砂糖
基本調味料 し 塩
基本調味料 す 酢
基本調味料 せ 醤油
基本調味料 そ 味噌
料理の名脇役 みりん
だしで決まる!料理の味
だしの素材 鰹節と昆布
だしのとり方
合わせ調味料
植物油とその他の食用油
スパイス・ハーブの種類
ソースの種類
ドレッシングの種類
下ごしらえも忘れずに
旬の料理 魚を選ぶ
旬の料理 野菜を選ぶ
野菜の種類と保存法
安全? 食品添加物
安全? 無農薬と有機栽培
安全? 輸入農産物
プロフィール
Copyright(c) miyus All rights reserved