カリフラワー

カリフラワーの選び方

当サイトでは、美味しい料理を作るための味噌、醤油、塩、酢、砂糖、みりんなどの調味料の種類やレシピ、食材の選び方と安全性などについて掲載しています。皆様の料理レシピの一部に加えていただけると幸いです。
スポンサードリンク
野菜の種類と保存法 >> カリフラワー

カリフラワー

カリフラワーは、キャベツやブロッコリーの仲間で、未熟なつぼみの花蕾(からい)を食用にします。
一般に白い色をした白色カリフラワー(スノークラウン、スノーニューダイヤなど)がよく知られていますが、ゆでると緑色に変化する紫色のバイオレット・クイーンやオレンジ色のオレンジ・ブーケなどの品種があります。品種によって色などの違いはありますが、味そのものはあまり変わりません。
【選び方】 白色系品種のものは、つぼみの色が白くきれいなもので、実がかたくしまり、ずっしりと重いものを選びましょう。
茎は太いもののほうが甘みがあり、葉のしおれていないものが新鮮です。鮮度が落ちてくると、つぼみとつぼみの間にすき間があき、変色したりします。
【旬・流通】 一年中出回りますが、11月〜2月頃が旬です。
【調理のヒント】 ゆでるときは小房に分けてから、沸騰したお湯に塩、酢(またはレモン汁)、小麦粉を少々加えると、白くきれいにゆで上がって、アクも抜けます。
【料理の用途】 サラダ、グラタン、シチュー、スープ、炒め物、ピクルスなどに。
【保存法】 カリフラワーは温度が20℃以上のところに保存すると、つぼみが開いて風味が落ちますので、ラップに包んで冷蔵庫で保存しましょう。
長く保存したい場合は、小房に分けてかためにゆで、冷凍します。

スポンサードリンク

料理のまえのかくし味 TOP
〈 M e n u 〉
調味料の基本 さしすせそ
基本調味料 さ 砂糖
基本調味料 し 塩
基本調味料 す 酢
基本調味料 せ 醤油
基本調味料 そ 味噌
料理の名脇役 みりん
だしで決まる!料理の味
だしの素材 鰹節と昆布
だしのとり方
合わせ調味料
植物油とその他の食用油
スパイス・ハーブの種類
ソースの種類
ドレッシングの種類
下ごしらえも忘れずに
旬の料理 魚を選ぶ
旬の料理 野菜を選ぶ
野菜の種類と保存法
安全? 食品添加物
安全? 無農薬と有機栽培
安全? 輸入農産物
プロフィール
Copyright(c) miyus All rights reserved