アスパラガス

アスパラガスの保存方法

当サイトでは、美味しい料理を作るための味噌、醤油、塩、酢、砂糖、みりんなどの調味料の種類やレシピ、食材の選び方と安全性などについて掲載しています。皆様の料理レシピの一部に加えていただけると幸いです。
スポンサードリンク
野菜の種類と保存法 >> アスパラガス

アスパラガス

グリーンアスパラガス ホワイトアスパラガス

アスパラガスには大別してグリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスがありますが、これは品種の違いではなく、栽培方法の違いによるものです。
土寄せしないで日光に当てたものがグリーンアスパラガスで、栽培の過程で盛り土をして日光に当てないようにして育てられたものがホワイトアスパラガスです。
ホワイトアスパラガスはグリーンアスパラガスより、香りが弱く、独特のほろ苦さと甘みがありますが、最近は缶詰にして使われることが多くなっています。
ほかに紫アスパラガス、ミニアスパラガスなどの種類もあります。
【選び方】 グリーンアスパラガスは、全体的に均一で茎が太くてまっすぐ伸び、穂先がピンとしていてかたくしまっているものを選びましょう。
あまり細いものは避けるようにします。緑色が濃く、切り口に変色がなく、乾いていないみずみずしいものが新鮮です。
ホワイトアスパラガスもグリーンアスパラガスと同じように、茎が太く、全体につやのあるものが美味しいとされ、穂先の開いていないものが新しくて甘みがあります。
【旬・流通】 一年中出回りますが、露地物は5〜6月が旬です。
【調理のヒント】 グリーンアスパラガスは、根元の硬い部分は2〜3cm切り落とし、根元の部分をピーラーなどで皮をむきます。
ゆでる場合は、塩をひとつまみ入れ、約1〜2分ゆでます。根元のかたい部分を先にゆで、時間を追って穂先ゆでると、全体的に同じようなやわらかさに仕上げることができます。
ホワイトアスパラガスも、グリーンアスパラガスと同じように皮をむきます。沸騰したお湯にホワイトアスパラガスの根元の部分を立てて5分ほどゆで、次に横にして全体を5〜10分ほどゆでます。
ゆでるときに塩とレモン汁(または白ワインビネガー)を加えてゆでると、きれいな色に仕上がります。
【料理の用途】 サラダ、お浸し、天ぷら、グラタン、炒め物などに。
【保存法】 ラップに包み、穂先を上にして立てて冷蔵庫に入れておくと長持ちします。切り口がみずみずしくないものは端を切り落とし、ペパータオルをぬらして切り口を包み込み、ポリ袋に入れて立てておくようにします。
長期保存する場合は、色が変わる程度に固めにゆで、水気をよく切って、食べる分だけ小分けにして冷凍保存します。

スポンサードリンク

料理のまえのかくし味 TOP
〈 M e n u 〉
調味料の基本 さしすせそ
基本調味料 さ 砂糖
基本調味料 し 塩
基本調味料 す 酢
基本調味料 せ 醤油
基本調味料 そ 味噌
料理の名脇役 みりん
だしで決まる!料理の味
だしの素材 鰹節と昆布
だしのとり方
合わせ調味料
植物油とその他の食用油
スパイス・ハーブの種類
ソースの種類
ドレッシングの種類
下ごしらえも忘れずに
旬の料理 魚を選ぶ
旬の料理 野菜を選ぶ
野菜の種類と保存法
安全? 食品添加物
安全? 無農薬と有機栽培
安全? 輸入農産物
プロフィール
Copyright(c) miyus All rights reserved